未来予測の部屋

世の中の動きや人の未来を予測します

「テイジンの独り言」の記事一覧

論理哲学論考

ある若い人に、これを読めと紹介されました。 僕だって、さすがにウィトゲンシュタインの名前くらいは知ってましたが、読んだことはなかったんです。 で、おっかなびっくり読んでみました・・・。 やはり難解です。しかし、極めて論理 […]

自分の人生の意味は何か、という問いのたて方は間違っている、というお話。

「夜と霧」の中でフランクフルは、自分の人生の意味とは何か、という問いの立て方は間違っている、いま現在の自分の具体的な状況において、自分は如何に生きるべきか?と逆に人生から問いを与えられているのである、と述べています。 抽 […]

自分史上最古の記憶

皆さんは、ご自分の最古の記憶はどのようなものですか?三島由紀夫は、自分が生まれた時の記憶を持っていたそうです。例の「光明さん」も、生まれた時のお医者さんや看護婦さんの顔を覚えているとおっしゃっていました。 私は、というと […]

社会契約と革命権の芽生えは江戸時代にもあった?

山鹿素行という人をご存知でしょうか? 古学の創始者であり、山鹿流兵法で知られる軍学者でもありました。林羅山の門弟でしたが、朱子学を批判したため、赤穂藩に左遷され、そこで、大石内蔵助と出会います。「忠臣蔵」で名高い、元禄時 […]

近代的自我の萌芽

個人と社会の理性に基づく精神を中心に伝統主義、呪術的な迷信などを排除しようとする精神を、とりあえず、近代合理主義的精神と定義したら、その起源はどこにあるのか、それは啓蒙主義か、カントまで待たねばならないのか、近代的自我の […]