未来予測の部屋

世の中の動きや人の未来を予測します

「テイジンの独り言」の記事一覧

社会契約と革命権の芽生えは江戸時代にもあった?

山鹿素行という人をご存知でしょうか? 古学の創始者であり、山鹿流兵法で知られる軍学者でもありました。林羅山の門弟でしたが、朱子学を批判したため、赤穂藩に左遷され、そこで、大石内蔵助と出会います。「忠臣蔵」で名高い、元禄時 […]

近代的自我の萌芽

個人と社会の理性に基づく精神を中心に伝統主義、呪術的な迷信などを排除しようとする精神を、とりあえず、近代合理主義的精神と定義したら、その起源はどこにあるのか、それは啓蒙主義か、カントまで待たねばならないのか、近代的自我の […]

秘すれば花?

「秘すれば花、秘せずば花なるべからず」といいます。また「沈黙は金、雄弁は銀」、ともいいます。また、私の知っている西洋の古いことわざに、「一方に他方をよく知らしめてはならない」というのもあります。確かに、悲嘆、怨嗟、悔恨と […]

魂は永遠か?

人間の魂は永遠なのか?このような本をたくさん読んで、私なりに考え続けてきました。 まず、お医者さんたちの研究によって、心停止後蘇生した人々の中に「死後の世界」らしきものを経験した人がたくさんいることを知りました。 立花隆 […]

自由の牢獄

「モモ」で有名な、ミヒャエルエンデに、「自由の牢獄」という話があります。それは、こんなお話です。 昔、アラブに金持ちの商人がいました。この男、あらゆる贅沢と不信心を繰り返し神をないがしろにしていました。そんなある時、悪魔 […]