3月24日は牡羊座の新月です。

3月24日午後6時28分、牡羊座で新月となります。

今回の新月は、雇用や労働を表す第6室で起きます。この新月と太陽は、災害、つまり今回のコロナパンデミックを表す第4室の土星と試練を示すスクエア(90度)を形成します。これは、コロナパンデミックにより、雇用、労働環境が大きくダメージを受けることを表しているように思います。コロナパンデミックで全世界的に経済がダメージを受けることは間違いなく、日本も当然経済的ダメージを受けます。この影響は、雇用、労働に大きく影響してきます。この新月は貿易を表す第9室のドラゴンヘッドとやはりスクエア(90度)を形成し、試練の時を示しています。貿易や人の流れが全世界的にストップし、雇用や労働環境に重大な影響を表していることがここでも見てとれます。

幸い、コロナパンデミックを表す第4室の木星、冥王星、火星が、公的な財源を表す第8室の金星とトライン(120度)の大吉角を表すので、政府の財政出動により救済される暗示はあります。また、社会的な契約関係を表す第7室の天王星と、貿易を表す第9室のドラゴンヘッドがセクスタイル(60度)を表すので、被用者の雇用契約や中小企業、個人事業主の資金繰りについて公的援助が行われる暗示もあります。

しかし、6月頃から火星が牡羊座に今年中居座ることになり、災害に起因する雇用や労働環境の変化には、悪影響を及ぼすことになりそうです。オリンピックも開催はかなり厳しくなってきました。これも日本経済に悪影響を及ぼすことになるかもしれません。

あと、海王星が、災害を表す第4室の木星、冥王星、火星、土星と角度をとっていますので、海の事故、薬品や液体に関する事件事故も注意したいです。必要な薬が足りなくなるとか、石油価格の急激な変化も注意です。

さらに、本日以降少なくとも今年いっぱいは、関東、東北地方の太平洋岸は、少し大きい地震に注意が必要です。水、食糧、生活必需品の備蓄を準備なさることをお勧めします。買い占めするというのではなくて、必要量を備えておくというイメージです。水ですと1人1日2リットル、最低3日分は備えておかれるといいと思います。水道水でも構いません。3日経ったら汲み直して備えれば大丈夫です。お米も普段より多めに買っておくといいでしょう。慢性疾患のある方は、普段飲んでいる薬を多めに確保しておくことをお願いします。

暗い話ばかりで、滅入ってしまいそうですが、最後に少しの希望をお伝えします。今回の新月は「癒し」を司るキーロン(カイロン)と重なります。物事は少しずつ良くなって行く暗示があります。健やかに、心持ちを明るく持ち続けましょう。